masa tabi blog

旅と写真と世界旅行日記

象と豚と猿と Day67

Day 67 / Sunday, February 25, 2018

Ubud, Bali, Indonesia

大変。今、オーストラリアのリンゴ農園に居候しているのですが、田舎すぎてWi-Fiがない。画像をアップできない。大変。

DSC_2600-9

この日は、象の洞窟、豚のレストラン、猿の森に行きました。

 

少し早く目が覚めたが、朝食食べる場所には、すでに中国人の女の子がいた。

彼女は、どこに行こうか迷っていたみたいで、僕は今日バイクでふらふらするけど後ろに乗る?って聞いたら、一緒に出かけることになった。

DSC_2492-2

まずは Goa Gajah にいった。象の洞窟。駐車場にある売店で、サロン(腰に巻く布)買わないと入れないよって店の人から言われたけど、普通に入場料にレンタル代が含まれていた。沐浴するところがあり、洞窟がありだった。洞窟の中にガネーシャが祀ってあるので、象の洞窟らしい。

DSC_2519-3

DSC_2537-4

ウブド市場にも、また行った。一人でまわるんじゃなくて、誰かと一緒に市場をまわるのは楽しかった。これ以上バックパックが重くなると嫌なので、僕は何にも買わないけれど、中国人の女の子はたくさんお土産買っていたので、ついていくと、ゆっくりくまなくまわれた。

DSC_2613-10

ハングドラムを叩いたり、それが以外と難しかったり、

DSC_2572-5

シルバーアクセサリのところで、値下げ交渉一緒にしたり、

DSC_2579-6

男性器の形した栓抜き売られそうになったので、もう持ってるって言って、自分の股間指差したら、結構ウケた。

DSC_2584-1

お供え物のお花もそこらじゅうにある。さっき調べたらチャナンっていうらしい。インドに行った時、バラナシのガンジス川のほとりで小さい子に売られそうになったことを思い出した。

DSC_2589-7

DSC_2592-8

DSC_2616-11

そのあと、豚のレストランでご飯食べた。窓側の席でとても風が気持ちよかった。豚の彫像がそこらじゅうにあり、リアルすぎて気持ち悪かった。こっちは豚を食べてるわけなので、呪ってくるようなリアルな彫刻があっても困る。

DSC_2625-12

DSC_2664-14

DSC_2696-15

ご飯は豚の皮がパリパリしていて、スープも絶妙な野菜の味がする美味しいスープだった。量はちょっと多かったかも。

DSC_2638-13

食後は、モンキーフォレストに行った。めっちゃ猿がいる。いたるところに猿がいて、奴らは攻撃的だった。他の観光客の背中に乗ったりしていた。でかい猿のテーマパークみたいなところだった。猿だらけ。猿まみれ。

DSC_2717-18

DSC_2716-17

DSC_2707-16

ところどころジャングル感もあるので楽しめる。猿が人間みたいで、面白い。

DSC_2740-20

DSC_2772-21

DSC_2783-22

晩御飯は4人ぐらいで食べに行った。アメリカ人の女の子は、次の日に料理教室に行くよって言ってた。そういうのも面白いよなって思った。他の国の料理を、本場で知れるし、食べれるし。機会があれば、僕もやってみたい。

 

ブログランキングに反映されるので、良ければクリックしてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村