masa tabi blog

旅と写真と世界旅行日記

フィリピン上陸 Day4

DSC_6729-4

 

Day 4 / Sunday, December 24, 2017 

Dumaguete, Philippines

 

故宮博物院に行った日の深夜、0時50分の飛行機で台北からフィリピンへと飛んだ。フィリピンでは、バカンス、クリスマス、年越しを兼ねての、1ヶ月英語の語学留学の予定。留学って憧れだった。

飛行機の中では、台湾で働いていて、里帰り中のフィリピン人のお姉さんが隣の席だった。深夜の便にもかかわらず、ずっと話しかけてきた。これから何度も感じることになる、フィリピン人の明るさとフレンドリーさを早速体験した。

DSC_6727-3

台北>セブ、セブ>ドゥマゲティの飛行機に乗って、朝にドゥマゲティの空港に到着。セブ>ドゥマゲティはプロペラ機だった。

空港が田舎すぎて、ATMがなくお金をおろせず。歩いて学校へ向かう。

町中ところどころにあるゴミと、暑さと臭いは、昔行ったインドを思い出させてくれた。もっとも、綺麗な国からきたからそう感じただけで、インドとは比べ物にならないぐらいここは綺麗だし、すぐに慣れてしまうのだけど。

DSC_6731-5

DSC_6729-4

ここではトライシクルという、バイクの横に座席がついている乗り物が主流。徒歩30分圏内ぐらいだったら、10ペソ(23円)?で行ってくれる破格の安さ。ガソリンは特別安いわけではないので、儲けはあるのか心配になるレベルです。

DSC_6732-6

DSC_6842-11

バイクもたくさん走っている。車を買える人は超お金持ちだそうなので、バイクとトライシクルが主な移動手段だそうです。ヘルメットなし、人数制限なし、飲酒運転もゆるい、雨の日は傘さしてバイクに乗ってたりするという危なさ。だけど、トライシクルはスピードがでないし、バイクもゆっくり走っているので、日本の交通事情とは感覚が違うと思う。そもそも信号が全くないので、ゆっくり走らざるをえない。

ちなみに、メーカーはホンダがダントツで多い。その次にカワサキヤマハと地元っぽいメーカー、スズキはほとんど見かけない。カワサキがそこそこ走っているのが以外だった。

DSC_6718-2

フィリピンはキリスト教の国ということもあり、クリスマスが超一大イベントだそう。日本のクリスマスと正月を足したかんじで期間も長い。僕がフィリピンについたのは、クリスマスイブということもあり、いたるところでパーティーが開かれ(本当にしょっちゅうどこでもパーティーしている)、クリスマスソングが流れていました。真夏のクリスマスソングに、かなりの違和感を覚えましたが。

教会からライブの音が聞こえたので、覗いてみると、中に入るように言われた。

教会の中では、クリスマスソングに老若男女問わずノリノリでした。いろんな人に握手されて、フレンドリーすぎて、身構えた。日本だと宗教施設って厳かな雰囲気ですが、こっちではそんなこと全くない。生活の一部のような感じだし、若い女の人はセクシーな服きているし。

暑さがそうさせるのか。

DSC_6736-7

 

ブログランキングに反映されるので、良ければクリックしてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村